【トレース】6話の見逃し配信を無料視聴する方法(錦戸亮主演ドラマ)

トレース ドラマ 月9 あらすじ ネタバレ 3話2019年冬ドラマ

関ジャニ∞の錦戸亮さんが主演を務める2019年冬の月9ドラマ「トレース 科捜研の男」。

原作が累計40万部突破の大人気コミックということで、かなり注目されています。

今回はそんな「トレース 科捜研の男」6話の見逃し動画を無料視聴する方法をまとめました。

危険な無料共有サイトではなく、動画配信サービスを賢く使って無料で楽しんでくださいね。

2019年冬ドラマ「トレース 科捜研の男」6話の見逃し動画を安全に無料視聴する方法

放送終了から1週間以内の場合

ドラマ「トレース 科捜研の男」6話の見逃し動画は、放送終了から1週間以内であれば民放公式テレビポータル「TVer」かフジテレビ動画配信サービス「FOD」が見ることができます。

どちらも広告は入りますが、安全に無料で視聴可能です。

tver「トレース」無料視聴はこちら
FODプレミアム「トレース」無料視聴はこちら

放送終了から1週間以上経過している場合のおすすめは「FODプレミアム」

FODプレミアム 無料視聴 動画

もし、「トレース 科捜研の男」6話の放送から1週間以上経過しているのであれば、「FODプレミアム」の使って無料視聴するのがおすすめです!

おそらく「トレース 科捜研の男」の見逃し動画を配信するサービスは以下のとおりです。

配信状況月額料金お試し期間
U-NEXT

U-NEXT

×1990円(税抜)1ヶ月
FOD

FODプレミアム

888円(税抜)1ヵ月間
Hulu

Hulu

×933円(税抜)2週間
ビデオマーケット

ビデオマーケット

×500円~980円(税抜)登録月
ビデオパス

auビデオパス

×562円(税抜)30日間
tsutaya

TUTAYA TV

×933円~2381円(税抜)30日間
dtv

dTV

×500円(税抜)31日間
paravi

Paravi

×925円(税抜)登録月
Netflix

Netflix

×800円~1800円(税抜)1ヶ月
amazon

Amazonプライムビデオ

×400円(税抜)

年間プラン3900円(税抜)

30日間

過去の月9ドラマの傾向から考えると「トレース 科捜研の男」はおそらくFODプレミアムでしか配信されないと思います。

したがって無料視聴するのであれば「FODプレミアム」を利用してみて下さい。

ちなみに、「FODプレミアム」は新規登録すれば1ヶ月間無料です!

もちろん、1ヵ月以内に解約すれば料金は一切かかりません!

「FODプレミアム」ってどんな動画配信サービス?

FOD プレミアム

「FODプレミアム」とは、フジテレビが提供している動画配信サービス(VOD)です。

月9ドラマや『コード・ブルー』『リッチマン、プアウーマン』『昼顔』などの名作ドラマを中心に、約4万作品を月額たったの888円(税抜)で楽しむことができます。

しかも、「FODプレミアム」でしか配信していない独占タイトルも5000本以上

さらにドラマ以外にもバラエティ、アニメ、映画など様々なジャンルの動画を取り揃えています。

さらにさらに、動画以外にも『CanCam』や『MEN’S NON-NO』、『週刊ベースボール』、『FRIDAY』など100誌以上の人気雑誌が読み放題なのに加えて20万冊以上のコミックも楽しむ事が出来ます。(期間限定で無料で読めるコミックもあり!)

そんなお得な「FODプレミアム」は「Amazonアカウント」を利用して、初めて登録すると見放題対象作品を1ヶ月間無料で楽しむことができるんです!

「トレース 科捜研の男」6話はPandora・dailymotion・9tsu・youkuでは見られない?

もしあなたがアニメやドラマの見逃し動画をインターネットで探したことがあれば、一度はPandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、miomio(ミオミオ)、youku(ヨウク)、9tsu(ナインティーエスユー)などの動画共有サイトを覗いたことはあるのではないでしょうか?

ですが、このようなサイトで配信されているのは違法にアップロードされた作品ばかりですので、すぐに消されてしまいます。

また、うざい広告が多く出てきます。

したがって仮にPandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、miomio(ミオミオ)、youku(ヨウク)、9tsu(ナインティーエスユー)などのサイトで「トレース 科捜研の男」第6話が公開されていたとしても視聴はおすすめできません。

無料の動画共有サイトは危険

違法ダウンロード サイト

Pandora(パンドラ)、Dailymotion(デイリーモーション)、miomio(ミオミオ)、youku(ヨウク)、9tsu(ナインティーエスユー)などのサイトで違法にアップロードされた動画を見ることは非常に危険です。

というのも、利用していた人がウイルスによって個人情報流出やスマホ・パソコンの乗っ取りなどの被害にあっているからです。

無料動画共有サイトで見逃し動画を見るデメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性

無料で動画を見れるからと思ってアクセスしたサイトが原因で大変な事態になることもありますので絶対にこのようなサイトで動画を見るのはやめましょう。

デメリットが多い動画共有サイトではなく、動画配信サービス(VOD)をかしこく利用し、無料視聴することがおすすめなんです!

2019年冬ドラマ「トレース 科捜研の男」6話あらすじ

トレース ドラマ 月9 あらすじ ネタバレ 3話

真野(錦戸 亮)のもとに、「君のお兄さんのことで話がある」という正体不明の男からの電話があった。

真野は、指定された場所で男を待ち続けた。

だが、そこには誰も現れなかった。

そんな折、河川敷でホームレス男性の変死体が発見される。被害者は新妻大介。

高校3年生のときに失踪して以来行方不明だった男で、捜索願も出されていた。

死因は溺死だったが、肺や喉、鼻の奥には液体が残っていたものの、体には濡れた痕跡はなかった。

また、現場には血液のようなものが付着した軍手も落ちていた。

虎丸(船越英一郎)たちは、科捜研の海塚(小雪)に、遺体から採取した液体と軍手の検査を頼むとともに、臨場を依頼する。

海塚は、それを英里(岡崎紗絵)に任せようとした。

しかし、現場がホームレスのたまり場ということもあって若い女性ではない方が良い、という沖田(加藤虎ノ介)らの意見もあり、真野が担当することになる。

そこに、何故かノンナ(新木優子)も加わることになってしまい…。

鑑定の結果、液体は水道水で鉄の錆と思われる成分が検出された。

一方、軍手にはいくつかの小さな穴が開いており、男性ひとり、女性ふたりの古い血液が付着していたが、データベースで照合しても身元は不明だった。

また、軍手の内側から検出された皮膚片は、DNA鑑定の結果、被害者とは別の人物のものだった。

臨場に向かった真野たちは、現場付近の水道から水を採取する。するとそこに、早川尚文(萩原聖人)が献花を持って現れた。

早川は、新妻の高校時代の担任なのだという。虎丸は、新妻が失踪した理由を早川に尋ねた。

そこで早川は、新妻の友人が家族を刺殺して自殺したことにショックを受けていた、と話す。

それは、25年前、真野の家族が殺された『武蔵野一家殺人事件』のことだった――。

2019年冬ドラマ「トレース 科捜研の男」6話ネタバレ

真野礼二(錦戸 亮)のもとに、「君のお兄さんのことで話がある」という正体不明の男からの電話があった。

真野礼二(錦戸 亮)は、指定された場所で男を待ち続けた。

だが、そこには誰も現れなかった。

そんな折、河川敷でホームレス男性の変死体が発見される。

被害者は新妻大介41歳。

高校3年生のときに失踪して以来行方不明だった男で、捜索願も出されていた。

死因は溺死だったが、肺や喉、鼻の奥には液体が残っていたものの、体には濡れた痕跡はなかった。

また、現場には血液のようなものが付着した軍手も落ちていた。

虎丸良平(船越英一郎)たちは、科捜研の海塚律子(小雪)に、遺体から採取した液体と軍手の検査を頼むとともに、臨場を依頼する。

海塚律子(小雪)は、それを水沢英里(岡崎紗絵)に任せようとした。

しかし、現場がホームレスのたまり場ということもあって若い女性ではない方が良い、という沖田(加藤虎ノ介)らの意見もあり、真野礼二(錦戸 亮)が担当することになる。

そこに、何故か沢口ノンナ(新木優子)も加わることになってしまった。

鑑定の結果、液体は水道水で鉄の錆と思われる成分が検出された。

一方、軍手にはいくつかの小さな穴が開いており、男性ひとり、女性ふたりの古い血液が付着していたが、データベースで照合しても身元は不明だった。

また、軍手の内側から検出された皮膚片は、DNA鑑定の結果、被害者とは別の人物のものだった。

臨場に向かった真野礼二(錦戸 亮)たちは、現場付近の水道から水を採取する。

虎丸良平(船越英一郎)はホームレスの住まいに電化製品が多く置かれているなど、贅沢な暮らしをしているように感じた。

するとそこに、早川尚文(萩原聖人)が献花を持って現れた。

早川尚文(萩原聖人)は、新妻大介の高校時代の担任なのだという。

虎丸良平(船越英一郎)は、新妻大介が失踪した理由を早川尚文(萩原聖人)に尋ねた。

そこで早川尚文(萩原聖人)は、新妻大介の友人が家族を刺殺して自殺したことにショックを受けていた、と話す。

それは、25年前、真野礼二(錦戸 亮)の家族が殺された『武蔵野一家殺人事件』のことだった。

その話を聞いた真野礼二(錦戸 亮)はどこか様子がおかしい。

その様子を見た沢口ノンナ(新木優子)は『武蔵野一家殺人事件』について市原浩(遠山俊也)たちに聞くと、当時は海塚律子(小雪)が関わっていたということがわかった。

翌時から警察ではホームレスたちが電化製品を頻繁に購入していたことがわかり、なにかを企んでいるのではないかとホームレスたちを調べ始める。

真野礼二(錦戸 亮)も『武蔵野一家殺人事件』についてなにか情報を掴もうとホームレスを尋ねるも相手にしてもらえない。

そこで、ホームレスがでかけたのを見計らって家に侵入。

冷蔵庫に入っていた氷を持ち帰ろうとする。

しかし、家から出たところでホームレスに見つかり殴られてしまう。

偶然新妻大介の遺品を探しに来ていた早川尚文(萩原聖人)が訪れ、助けてもらえた。

その後病院に連れて行ってもらった真野礼二(錦戸 亮)は『武蔵野一家殺人事件』で死んだ義一(倉悠貴)は自分の兄だと告白。

その上でなにか知っていることがあれば教えて欲しいと言う。

すると真野礼二(錦戸 亮)の兄である義一(倉悠貴)は高校生の時にいじめにあっており、そのいじめの主犯格が新妻大介だったいうのだ。

そのころ虎丸良平(船越英一郎)はホームレスを取り調べていた。

ホームレスたちは生活保護を受けながらただで処方された薬を売って生活費にしていたのだ。


真野礼二(錦戸 亮)が持ち帰った氷の成分と新妻大介の体内から見つかった物質が一致した。

薬の過剰摂取により、肺水腫をいう症状を引き起こした事故死ではないかと真野礼二(錦戸 亮)は予想する。

しかし、虎丸良平(船越英一郎)はなにか違和感を感じ、殺人事件ではないかと考える。

一方、真野礼二(錦戸 亮)は勝手な行動を海塚律子(小雪)に注意される。

そんな真野礼二(錦戸 亮)の姿を見ていた沢口ノンナ(新木優子)はいつもと様子が違うことが気になっていた。

注意されながらも真野礼二(錦戸 亮)は一人で『武蔵野一家殺人事件』について調べる。

すると、当時の鑑識責任者であった藤田慎太郎という人物を尋ねる。

自宅の前に行くと海塚律子(小雪)が家から出てきた。

その後真野礼二(錦戸 亮)の自宅に入るが、藤田慎太郎はすでに亡くなっていた。

妻に「今でも科捜研の人たちと関わりがあるのか」と訪ねたが、全く会っていないとのこと。

直前に海塚律子(小雪)が会いに来ていたのになぜか嘘をついたのだ。

その後、早川尚文(萩原聖人)から呼び出された真野礼二(錦戸 亮)は、いじめを止めることができなくて申し訳なかったと謝罪された。

真野礼二(錦戸 亮)は事件は義一(倉悠貴)の犯行ではないと信じているが、警察は最初から義一(倉悠貴)の犯行だと決めつけていることに腹を立てている。

また、新妻大介が亡くなった日に何者かから電話が着ていたことも話した。

その上で、新妻大介についての情報を求める。

すると早川尚文(萩原聖人)は『武蔵野一家殺人事件』当時に、いじめの主犯格の新妻大介は何度も警察に事情聴取され、指紋まで取られていたというのだ。

しかし、警察の資料にはまったくそんな記述はなかった。

新妻大介と『武蔵野一家殺人事件』にはなにか関連性があると考えた真野礼二(錦戸 亮)海塚律子(小雪)に接触する。

新妻大介の亡くなった現場に落ちていた軍手から検出された血液は『武蔵野一家殺人事件』で殺された夫婦と娘のもではないかと言う。

そして、その家族の生き残りが自分だということも明かす。

さらに、家族の遺品が自宅に残されているため、これらかDNA検査を実施すると報告。

そのことを聞いた海塚律子(小雪)は深夜に科捜研に戻り、軍手から検出されたデータを改ざんしようとする。

そこに改ざんを予想した真野礼二(錦戸 亮)が現れる。

実はすでにDNA鑑定を済ませていたのだ。

つまり、あの軍手は『武蔵野一家殺人事件』で使われたものだったのだ。

そして藤田慎太郎の家に出入りしていたこと、当初新妻大介の臨場を水沢英里(岡崎紗絵)に任せようとしたこと、軍手の穴はただのほつれだと言ったことなど、何かを隠そうとしているのではないかと指摘する。

ついに海塚律子(小雪)は正直に話すことに。

『武蔵野一家殺人事件』が起きた当時は、DNA鑑定が普及していなかったが藤田慎太郎は今後DNA鑑定が普及すると考えて、軍手から切り取っていたというのだ。

そして『武蔵野一家殺人事件』に関する調査は中止し、資料はすべて警察に提出することが上司からの指示として降りてきて、海塚律子(小雪)たちは従わなければいけなかったというのだ。

さらに、藤田慎太郎が亡くなったあと、海塚律子(小雪)藤田慎太郎の妻から『武蔵野一家殺人事件』の捜査資料のコピーを受け取っていた。

そのことを聞いた真野礼二(錦戸 亮)なぜ今まで秘密にしていたのかと腹を立てる。

しかし、海塚律子(小雪)はこれ以上苦しんでほしくないから黙っていたのだと言う。

納得できない真野礼二(錦戸 亮)藤田慎太郎が残した資料を持ち出す。

その資料にはさまざまなデータが記録されていた。

そして、姉が妊娠三ヶ月だったとの記述があり、真野礼二(錦戸 亮)は驚く。

その頃、ホームレスの事件は警察上層部からの圧力で捜査打ち切りが決定した。

どうやらその指示を出したのは警視庁 刑事部長・壇 浩輝(千原ジュニア)のようだ。

次回へ続く。

まとめ

関ジャニ∞・錦戸亮さんが主演を努める2019年冬の月9ドラマ「トレース 科捜研の男」6話のあらすじとネタバレ、無料視聴する方法をまとめました。

今後も情報を更新していきますので、ぜひチェックしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました